安政の大獄あんせいのたいごく

彦根藩主・井伊直弼が幕府の大老に就任。

彼が幕府内で主導権を握り続けるために、幕府に批判的な連中を排除・粛清した一連の動き。

各藩の殿様を無理矢理謹慎させたり、梅田雲浜、橋本左内、吉田松陰などの過激活動家を捕まえたり殺したりします。

当然こんな強引なやり方は受け入れられるわけもなく、井伊直弼は桜田門で暗殺されるのです。