天満屋事件てんまやじけん

新選組と海援隊の唯一の直接対決。

慶応3年11月15日、坂本龍馬が暗殺されます。海援隊の陸奥宗光は、紀州藩の犯行だと疑います。直前に発生したいろは丸事件で莫大な賠償金を払わされることになった紀州藩が、その恨みを晴らすために龍馬を殺したのだ、と。ターゲットは紀州藩の公用人・三浦休太郎。陸奥らは三浦の殺害を計画します。

一方そんな不穏な空気を感じとった紀州藩は、新選組に助けを求めます。斎藤一などが警護します。

そして12月7日。油小路の旅館・天満屋で海援隊と新選組が斬り合うことになったのです!

陸奥宗光と斎藤一は命を落としませんでしたが、十津川郷士の中井庄五郎ら数人が亡くなりました。この場には大石鍬次郎もいて、彼は天満屋のすぐ近くで伊東甲子太郎を斬ってます。油小路の周辺は、ほんと恐い場所です。