松平春嶽まつだいらしゅんがく

福井の藩主。四賢候のひとり。

この人は、人の使い方がうまい人なんでしょうね。彼は三岡八郎、橋本左内、横井小楠という3人の秀才を見出しました。この「見出す」っていうのも能力だと思うんです。偉くなる人って、その人だけが能力が高いのではなく、その周りにいる人が立派だったりします。でもこれってたまたま周りにそういう人が集まってきてるのではなく、うまいことそういう連中を集めてくるスキルが高いと思うんです。

そういう意味で彼は本当の政治家だったのでしょう。将軍継嗣問題で一橋慶喜を強く押したことで、安政の大獄で井伊から謹慎を命じられたりしてます。