島津斉彬しまづなりあきら

薩摩藩の先進的な藩主。

幕府の目の盗みつつ富国強兵、殖産興業に邁進。琉球で密貿易も積極的に行いました。やりたい放題です。でも彼には彼なりのポリシーがあったはずで、「薩摩が力を持てば、幕府に対等に対峙できる」と。

必死に外国の情報を得ようとする姿勢は、他の藩の藩主には無かったでしょう。アメリカから帰ってきたジョン万次郎とも会って話をしています。

西郷隆盛を見出したのも彼の功績のひとつですね。