勝海舟かつかいしゅう

変わったおっさんですね。幕府の中枢にいる立場でありながら、龍馬みたいなチンピラと仲良くなっちゃいます。自由な人です。

でも勝は「もう幕府はもたない」ということをわかってたのです。だから「いかにスムーズに幕府政治を終わらせるか」というのを真剣に考えていたともいえるのです。

あの世紀の「勝-西郷会談」で江戸城の無血開城を実現させ、その後は慶喜の“朝敵”の汚名を晴らすことに腐心しました。辞世の句「コレデオシマイ」は、いかにも勝らしいすがすがしい表現です。