八・一八の政変はちいちはちのせいへん

薩摩と会津が、長州の勢力を京都から一掃したクーデター。

三条実美などの公卿を巻き込むことで、朝廷内工作を着々と進めていた長州。この形勢を一気に逆転させ、さらに朝廷から長州派の公卿を追い出すことにも成功。完全なる薩摩・会津の勝利でした。

長州の「薩摩憎し」の感情は、決定的となったのです。