池田屋事件いけだやじけん

長州の過激な志士の中には「孝明天皇を京都から長州に連れていく」と本気で考えていた者もいました。事前にそんな情報を仕入れた新選組。長州の連中が会合をしている池田屋を襲撃します。

ここでの新選組の戦いぶりは実に見事だったようで、長州の連中を自慢の剣の技であっさり蹴散らしました。でも逆に言うと、この事件によって新選組は市民から恐れられる集団になってしまったのでした。

ちなみに桂小五郎はこの事件にニアミス。さっさとその場から逃げ去ったようです。