高杉晋作たかすぎしんさく

かっこいい男ですよねぇ~。「女を抱いたあとに、三味線を弾いてた」という伝説がまたかっこいい。

「男として生まれてきたなら、かっこいい生き様を見せないといけない」という志が強い男だったんでしょう。

歌も嗜む男で、東行という号を使いました。

「面白きこともなき世」を、本当に面白くした男。俺は大好き。こんな生き方をしたいです。