土方歳三ひじかたとしぞう

彼は若い頃、薬売りをやってました。石田散薬ですね。

薬売りが剣を学び、近藤勇と出会い、気づいたら京都に行くことになり、「鬼の副長」と呼ばれるようなり、最後は函館で鉄砲戦を指揮していました。

土方ってどう考えてもめっちゃ恐い人だったと思うんです。気軽に話しかけるなんて、とてもとてもできない存在。俺みたいな軽薄な人間は、この組織ではうまいことやっていけないだろうなぁ~。土方と目が合っただけで、しょんべんちびりそうになると思う。マジで。