【本郷和人の日本史ナナメ読み】明治の女子教育(下) 好色・伊藤博文と津田梅子の仲は!?

津田梅子(国立国会図書館蔵) 津田梅子(国立国会図書館蔵)

 女子の官費留学生第1号で、アメリカに長期滞在したのは山川健次郎の妹の山川捨松、益田孝(三井財閥を発展させた実業家であり大茶人)の妹の永井繁子、それに津田塾大学を創立することになる津田梅子の3人でした。今回はとくに津田梅子について述べていきましょう。

 梅子(うめ、とも)は、津田仙(せん)(旧幕臣・東京府士族)・初子夫妻の次女として、現在の東京都新宿区南町に生まれました。父・仙は農学者でキリスト者。青山学院大学の創立に関わり、同志社大学の創始者・新島襄(じょう)、自由と平等を説いた中村正直と並んで“キリスト教界の三傑”と称されたほどの人物です。また、日本で最初に通信販売を行った人でもあります。明治9(1876)年にアメリカ産トウモロコシの種を売ったんですって。母の初子は献身的に夫を支えた人。彼女の姉は田安徳川家に仕えて田安慶頼(よしより)の側室となり、徳川家達(いえさと)(徳川本家の第16代当主)を産んでいます。つまり、梅子と家達はいとこなんですね。

 明治4年、仙は政府の事業である北海道開拓使に勤務。そこで開拓使次官の黒田清隆(のち第2代の首相)が推進していたアメリカへの女子の留学計画を知り、娘を応募させます。このとき梅子はわずか満6歳。捨松や繁子とともに、岩倉使節団に随行。横浜を出港し、サンフランシスコを経て、ワシントンへ到着しました。船中の彼女たちの部屋には伊藤博文がやってきて、よく一緒に遊んだそうです。

 梅子は日本弁務使館書記で画家のチャールズ・ランマンという人の家に預けられました。学校に通ってラテン語、フランス語などの語学や英文学、自然科学や心理学、芸術などを幅広い教養を身につけました。休暇にはランマン夫妻とともに各地を旅行しています。明治15年、18歳で私立の女学校を卒業し、日本に帰国しました。

続きを読む

 懐かしい故国に帰ったはずなのに、梅子は苦悩することになります。明朗で活発だった彼女にとって、女性の社会進出に消極的だった明治の日本社会は、とてつもなく息苦しかったのです。捨松と繁子は早々に軍人に嫁ぎました(それぞれ陸軍元帥の大山巌(いわお)と海軍大将の瓜生外吉(うりゅう・そときち))。でも梅子は結婚に魅力を感じませんでした。「二度と結婚の話はしないでください。話を聞くだけでもうんざりです」と手紙にしたほどです。彼女は結局、生涯独身を貫きました。

 明治16年、伊藤博文と再会。英語指導や通訳のために雇われて伊藤家に滞在します。2年後には伊藤の推薦を受け、華族女学校の英語教師に任じました。ただし、ここで注目したいのは、伊藤と梅子の間に浮いた話が一切なかったこと。伊藤といえば、天下無双の女性好き。世話した女性が掃いて捨てるほどいたので、ついたあだ名が「箒(ほうき)」。でも、梅子には変な手出しはしなかった。彼女の前では、「気さくなお兄ちゃん」のままでいたかったのかな。ぼくが小説家なら、絶対に恋愛ドラマに仕立てたいところです。

 明治22年、再び渡米した梅子は、フィラデルフィア郊外のブリンマー・カレッジで生物学を研究。蛙(かえる)の発生に関する論文をまとめた彼女に、カレッジは研究者への道を勧めました。けれども誘いを断って帰国。女子教育のための学校の創設に奔走しはじめます。父の仙や大山捨松、瓜生繁子らがこれをバックアップ。「女子英学塾」(現在の津田塾大学)が東京麹町区に誕生します。明治33年のことです。

 女子英学塾は、華族平民の別なく塾生を受け入れ、それまでの行儀作法を主体とするような女子教育とは一線を画する、進歩的で自由な、レベルの高い授業を展開しました。独自の教育方針を守るため、資金援助をなるべく受けない方針をとり、そのため学校の経営はなかなか難しかったようです。塾長として無報酬で教壇に立った梅子はやがて健康を害し、鎌倉での長期の闘病の後、昭和4年に脳出血のため亡くなりました。満64歳。いま彼女は、小平市に居を移した津田塾大学の構内に設けられた墓所で眠っています。

 津田塾大学といえば、厳しい教育で知られています。ぼくが学生の頃は、近くにある一橋大学の学生さんとおつきあいすることが多いと聞いていましたが、今はどうなのかな。それから、「梅子先生のお墓にお参りすると結婚できなくなる」という都市伝説があるのも有名です。学生の皆さん、そんな都市伝説に負けずに、勉学に恋愛に、がんばってくださいね。

                  

 次回は9月6日に掲載します。

                  

 ■津田塾大学と津田梅子

 少女期から長期にわたるアメリカ留学で女子教育と女性の地位向上の必要性を痛感した津田梅子が、日本の女性のための高等教育機関として明治33(1900)年に設立した「女子英学塾」が現在の津田塾大学の前身。同大卒業生は政界、官界、経済界で幅広く活躍し、女性の社会進出で先駆的な役割を果たしている。

                  

【プロフィル】本郷和人(ほんごう・かずと) 東大史料編纂所教授。昭和35年、東京都生まれ。東大文学部卒。博士(文学)。専門は日本中世史。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加