二股口の戦い

箱館で新政府を作った榎本武楊、大鳥圭介、土方歳三らの面々。政権樹立は1868年12月のことです。そう、真冬です。冬の北海道はめちゃくちゃ寒く、戦闘にも不利だと判断し、新政府軍は冬の間は箱館には攻め入りませんでした。暖かくなった1869年4月、新政府軍はいよいよ乙部に上陸しました。迎え撃つ箱館政府軍。ここで二股口ルートを担当したのが土方歳三でした。他ではことごとく負ける箱館政府軍ですが、土方は負けません。なんとこの二股口の戦いで、新政府軍をやっつけるのです。すごい! しかも何がすごいって、土方はもともと剣の達人のはず。でもここでの戦いは鉄砲の戦いです。なのに土方は勝っちゃったんです。鉄砲戦の指揮者としても実力があることを見せた土方歳三。恐らくは彼なりに勉強していたんでしょうね。それにしても土方歳三、かっこいい!!

所在地: 北海道北斗市中山峠

投稿者: ryomaky

  • このエントリーをはてなブックマークに追加