勝海舟の墓・西郷隆盛留魂碑

勝海舟の墓は、洗足池にあります。なんでここにあるのか? それはあの無血開城の合意が成された「勝-西郷会談」の直前の話。東征軍の本営は、池上本門寺に置かれていました。つまり西郷は池上本門寺にいました。2人のトップ会談の本番は薩摩藩邸で開催されましたが、それより前に下打ち合わせの場が設けられてました。池上本門寺で。要は勝海舟は西郷に会うために、池上本門寺に行ってたんです。その通り道で「洗足池」の環境に惚れ込んでしまった勝。彼はのちにこの洗足池の脇に別荘を構えたのです。赤坂を愛した男は、晩年は洗足池を愛しました。だからここに彼の墓が作られたんです。そしてそのきっかけを作った盟友・西郷の留魂碑も、勝夫妻の墓の隣に作られたんですね。

所在地: 東京都大田区南千束2--6

投稿者: ryomaky

  • このエントリーをはてなブックマークに追加