古高俊太郎邸跡

梅田雲浜の弟子。「枡屋喜右衛門」と名乗り、古道具屋を営んでいました。が、彼はただの古道具屋ではありません。長州の過激派の連中とつるんでました。生粋の攘夷派です。元治元年6月5日、新選組がここに踏み込みます。古高は前川邸まで連れていかれて、過酷な取調べを受けます。いわば拷問です。その拷問に耐えられなかった古高は、「長州の連中が、孝明天皇を京都から長州に連れてこうと画策している」と自白してしまいます。こうしてあの「池田屋事件」が勃発するのです。

所在地: 京都市下京区四条河原町上ル一筋目東入ル

投稿者: ryomaky

  • このエントリーをはてなブックマークに追加