平井加尾(収二郎)生誕地

平井加尾は、龍馬の初恋の人といわれている女性。「龍馬伝」で広末涼子さんが演じちゃうものだから、私も加尾のことを好きになっちゃいました。恐らく龍馬よりも私の方が加尾さんのことが好きです(笑)。っていう話はどうでもよくて、龍馬と加尾はけんか別れをしたわけではなく、山内容堂の妹が京都の三条家に嫁ぐことになり、加尾も女中として三条家に仕えることに。で、2人は離れ離れになってしまったのです。ひとつ面白い話があって、龍馬は京にいる加尾にこんな手紙を送ってます。「先ず先ず御無事と存じ上げ候。天下の時勢切迫致し候に付、 一、高マチ袴 一、ブツサキ羽織 一、宗十郎頭巾 外に細き大小一腰各々一ツ、御用意あり度存上候。」 要はこれは「変装(男装)のための準備をしとけ!」みたいな内容なんだけど、龍馬が加尾を使って、京で諜報活動でもしようと思っていたのか?!? 謎めいてます。あと、この碑は線路沿いにいきなり現れるので、通り過ぎちゃわないように気をつけてください!

所在地: 高知県高知市山手町107

投稿者: ryomaky

  • このエントリーをはてなブックマークに追加