旅立ちの像

幕末期の福井藩を代表する2人、横井小楠と三岡八郎(由利公正)の像。この2人の存在なくして、幕末期の福井藩の輝きはありませんでした。でも横井小楠は福井の人ではありません。熊本の人です。春嶽が福井に連れてきたのです。

所在地: 福井市大手3

投稿者: ryomaky

  • このエントリーをはてなブックマークに追加